式会社資本市場研究所きずなは、地域企業へ個人のリスクマネーが地方証券会社や地域金融機関を通じて、より一層供給されることを支援いたします。

見直される不動産投資~海外投資家の評価は個人まで広まるか(2022年11月29日)

 日本の不動産投資が見直されています。特に海外投資家から見て注目するポイントは2つあって、一つは世界的なインフレ懸念で各国金融当局による金利引き上げが続いている環境で、先進国の中では唯一金融緩和姿勢を継続していること、もう一つは大幅な円安が大幅に進行していてドル建てで見た場合の不動産価格が割安になっていることが上げられます。


 不動産投資は、投資利回りにレバレッジを掛ける為、自己資金以上の借入を行うことが多く、他の先進国での不動産に比べて、日本の持続している低金利を利用すれば比較的高い投資利回りが期待できます。

また、拡大してるESG投資においては、機関投資家にとって利用目的や運営方法が明確な不動産投資は、ESGの視点から選別しやすい利点があります。


見直される不動産投資~海外投資家の評価は個人まで広まるか

・見直される日本での不動産投資と証券化動向

・リートの機能とJ-REITの状況について

・デジタル証券等に関する動向

個人の投資活動の中で、不動産投資をどう扱うか

直近レポート