式会社資本市場研究所きずなは、地域企業へ個人のリスクマネーが地方証券会社や地域金融機関を通じて、より一層供給されることを支援いたします。

資産所得倍増プランについて~経済財政運営と改革の基本方針からの可能性(2022年8月1日)

 岸田政権による最初の成長戦略となる「経済財政運営と改革の基本方針2022」(以下、骨太の方針2022)が、6月7日に公表されました。


 個人の投資に関する部分としては、「貯蓄から投資」のための「資産所得倍増プラン」と銘打たれており、その内容として、投資による資産所得倍増を目指して、NISA(少額投資非課税制度)の抜本的拡充や、高齢者に向けたiDeCo(個人型確定拠出年金)制度の改革、国民の預貯金を資産運用に誘導する新たな仕組みの創設などが上げられています。


これらを含めて、本年末までに政府としての総合的な資産所得倍増プランを策定するとしています。また、この政策を支援するものとして、金融リテラシーの向上、将来受給可能な年金額等の見える化、デジタルツールを利用した情報提供の充実、金融商品取引業者等による適切な助言や勧誘・説明を促すための制度整備など、現在関係者によって検討が進んでいることなども取り上げられています。

 

資産所得倍増プランについて~経済財政運営と改革の基本方針からの可能性

・資産所得倍増プランの動向について

・個人の投資関連税制について

・老後資産形成の為の有効な手段は何か

証券業界としての資産所得倍増ストーリーはどう描くのか

直近レポート