式会社資本市場研究所きずなは、地域企業へ個人のリスクマネーが地方証券会社や地域金融機関を通じて、より一層供給されることを支援いたします。

SPACに関する論点とその背景~成長戦略の後押しで日本でも実現するか?(2021年8月31日)

 SPAC(Special Purpose Acquisition Company)が6月の成長戦略実行計画にも取り上げられています。

SPACは、元々は旧アメリカン取引所(現NYSE American)など一部で取り扱われていましたが、2010年にナスダック、2017年にNYSEにより上場が認められたことから拡大が始まり、2020年に新型コロナ禍にあって更に急増してるのは個人投資家の参加が増えているためとされています。

その基本的な流れは次の様になっています。

【SPAC設立】→【SPAC上場による資金調達】→【買収候補の選択と交渉】→【SPAC株主総会での承認】→【Ⅾe-SPAC 】

 

SPACに関する論点とその背景~成長戦略の後押しで日本でも実現するか?

・SPACについて

・SPACに関する最近の動向

・SPAC待望論の背景とメリット・デメリット

・日本で実現するための課題と今後の取組みについて

直近レポート